CD革命/Virtual Ver.14

CD革命/Virtual Ver.14

「CD革命/Virtual Ver.14」 は、CD/DVD/BDを丸ごとパソコンに取り込み、実物のディスクやドライブがなくても再生を可能にするソフトウェアです。

旧バージョンCD革命/Virtualをお持ちのユーザー様へ

CD革命/Virtualのダウンロード版(全バージョン対象)をお持ちのお客様向けに、オンラインショップ限定でパッケージ版を
特別優待価格にて販売いたします。

【CD革命/Virtual Ver.14 特別優待対象(パッケージ版)】
①CD革命/Virtualのパッケージ版(全バージョン対象)をお持ちのお客様
②CD革命/Virtualのダウンロード版(全バージョン対象)をお持ちのお客様 
※(ユーザー登録がお済の方限定となります。)

 ★CD革命/Virtualをお持ちのお客様向け特別優待販売はこちら

 ★ユーザー登録はこちら

ご注意

※こちらのサイトではダウンロード版のみの販売となります。
 ★パッケージ版をご希望の方はこちら
 ★パッケージ版優待をご希望の方はこちら

※ダウンロード版の優待版はユーザー登録が必須となります。
 ★ユーザー登録はこちら

■ダウンロード版の購入ガイドはこちら


■ダウンロード版のFAQ、お問合わせ先はこちら

CD革命/Virtual Ver.14

CD革命/Virtual Ver.13 Windows8対応

◆ダウンロード製品版

販売価格:

7,452円(税抜6,900円)

カートへ入れる

◆ダウンロード優待版
※各製品版ご登録ユーザー様はこちらから

販売価格:

7,079円(税抜6,555円)

 
カートへ入れる ユーザー登録はこちら

動作環境(使用に必要な環境)

■オペレーティングシステム

日本語版の以下のOS
●Microsoft Windows 10 32bit版/64bit版(2015/10/28 追記)
 ※光ディスクドライブ共有機能のインストールには対応インストーラー
  Ver.2.0.5.1が必要。
●Microsoft Windows 8.1 (32bit/64bit)(Windows 8.1 Update 含む)
●Microsoft Windows 8 (32bit/64bit) 
●Microsoft Windows 7 (32bit/64bit) SP1以降
 ※Windows Vista 32bit版へのインストールは可能ですが、サポート外と
  なります。
 ※Windows RT/RT8.1には対応していません。
 ※サーバー系のOSには対応していません。
 ※アドミニストレーター権限(管理者権限)が必要です。

■コンピューター

上記のOSが稼働するコンピューター(PC/AT 互換機のみ)
 ※Macintosh(Mac)には対応していません。

■メモリー

●Windows 8.1/8/7(64bit): 2GB以上
●Windows 8.1/8/7(32bit): 1GB以上

■CD/DVDドライブ

CD-ROMを読み込めるドライブ
 ※ライティング機能を使用するためには、それぞれのメディアの書き込みに
  対応したドライブが必要です。

■ハードディスク/SSD

50MB以上の空き容量(本製品のインストール用として)
 ※このほかに仮想CDを保存するための空き容量が必要です。
 ※ライティング機能を使用するためには、書き込み先メディア1枚分の空き
  容量が必要です。

■その他

オーディオを再生するためにはサウンドボード(機能)が必要です。
Windows 8.1/8/7でMP3を利用するには、MP3 CODECが必要です。
CDDBサーバーから情報を取得するには、インターネット接続環境が必要です。

■ライセンス

個人:1台、法人:1台

[Windows8タブレットPCへのインストール(パッケージ版)]
●CD革命/Virtual Ver.14の製品CDのファイル、フォルダーをすべてUSBメモリーやUSBハードディスクにコピーし、タブレットPCに接続して「Autorun.exe」を実行するとセットアップ画面が起動します。

[ODS(Optical Disc Share=光ディスクドライブ共有機能)について]
●TCP/IPで構成されたマイクロソフトネットワーク環境が必要です。
●CD革命/Virtualとは別に、それぞれのパソコンにインストールする必要があります。
●ディスクの書き込みは、CD革命/Virtualでの書き込みにのみ対応しています。
●プロテクトが施されたディスクでは再生できない場合があります。

重要:ライセンスに関する注意事項

  • 「CD革命/Virtual」を利用して仮想CDを構築すると、CD/DVD/BDタイトル(以下CDタイトル)をハードディスクに複製することになります。CDタイトルは、個人的または家庭内、その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」といいます)を目的とする場合を除き、権利者に無断で複製することは法律で禁じられています。したがって「CD革命/Virtual」を使って私的使用の範囲を超えた仮想CDの構築を行ってはいけません。また、CDタイトルのメーカー(販売者)との間で使用許諾契約など(下記「ライセンス契約」といいます)を結んでいる場合、CDタイトル複製についてはそのライセンス契約に拘束されます。ライセンス契約によって、複数のコンピューターあるいはネットワークなどで使用できないケースがあります。CDタイトル複製についてご不明な点がありましたら、著作権法、ライセンス契約書などの関連条文を参照し、それぞれに違反することがないよう十分ご注意ください。お客様が「CD革命/Virtual」によって違法な複製を行い、あるいはライセンス契約に違反して複製を行った場合、弊社は一切の責務および賠償責任を負いません。

注意事項・制限事項

CD革命/Virtualをご利用いただく際に以下の注意事項をご確認ください。

  • 環境によっては、CD/DVD/BDに影響を与えるソフトウェア(ライティングソフト、オーサリングソフト、DVD-RAMのドライバーなど)との共存はできない場合があります。
  • CSSやAACSによるコピー防止機能(プロテクト)が施されているDVD-Video、Blu-ray Videoの仮想化、ライティングはできません。
  • プロテクトが施されているCD/DVD/BDは、対応プロテクトであってもお使いの環境や構築しようとするドライブ、プロテクトのバージョンによっては仮想化できない場合やアプリケーションが動作しない(再生できない)場合があります。すべてのプロテクトメディアを仮想化できるとは限りません。
  • 本ページに記載の「ライセンスに関する注意事項」を厳守してください。
  • 使用するドライブによっては読み込みに時間がかかる場合や、仮想化ができない場合があります。
  • 他社製イメージファイルは、イメージを作成するソフトウェアやメディアのフォーマットにより、対応する拡張子であっても使用できない場合があります。
  • ライティングソフトによっては仮想ドライブを認識できない場合があります。
  • 他社製仮想化ユーティリティとの共存についてはサポート外となります。
  • CD-R/RW、DVD±R/RW、BD-R/REなどのメディアとドライブの相性問題による仮想化・ライティングのトラブルに関して一切の責任を負いません。
  • 光ディスク共有機能を使用する場合は、1つのネットワークセグメント(ルーターを超える)環境で使用することはできません。 また、セキュリティソフト(ファイアウォール)で通信を許可する必要があります。
ページトップへ