製品情報
Back
アークの革命シリーズトップページ > 製品情報 > HD革命/Eraser パソコン完全抹消&ファイル抹消
HD革命/Eraser トップ

HD革命/Eraser パソコン完全抹消

HD革命/Eraser ファイル抹消

HD革命/Eraser パソコン完全抹消&ファイル抹消

HD革命/Eraser パソコン完全抹消&ファイル抹消「ごみ箱を空にしたり、フォーマットしたりしただけでは データは完全に消えていません。●パ」ソコンの情報漏えい防止対策にファイルや履歴を抹消!●パソコンの廃棄や譲渡の前にデータを抹消!

画像 お知らせ

2015年10月16日
HD革命/Eraser ファイル抹消 Ver.5.0.3 アップデータ公開
アップデータのダウンロードはこちら
2015年3月16日
年度末でパソコンやハードディスクを大量廃棄
複数のハードディスクを一度に消去する@blog「かくめいの中より」
2015年3月9日
CDドライブのないWindows95や98パソコンの廃棄
結構古いパソコンを廃棄する(Floppyでハードディスクを消去編)@blog「かくめいの中より」
2015年3月7日
パソコンやハードディスクを捨てる前に
パソコンの廃棄の時にハードディスクを消去してますか?(消去方式は?)@blog「かくめいの中より」

HD革命/Eraser ラインナップ

HD革命/Eraser パソコン抹消 パソコンやハードディスクの廃棄・再利用・譲渡に

HD革命/Eraser ファイル抹消 日々のパソコンの情報漏えい防止に マイナンバー対策に

HD革命/Eraser パソコン完全抹消 製品の詳細・動作環境

HD革命/Eraser ファイル抹消 製品の詳細・動作環境

「HD革命/Eraser パソコン完全抹消」 と 「HD革命/Eraser ファイル抹消」がセットに!  情報漏えいをがっちりガード! 抹消ソフトの上位版 

HD革命/Eraser パソコン完全抹消&ファイル抹消 製品の詳細・動作環境

法人向けライセンスプログラムのご案内

ライセンス販売はこちら

ライセンスお見積りフォーム

HD革命/Eraser パソコン完全抹消ファイル抹消 機能一覧



HD革命/Eraser
パソコン完全抹消ファイル抹消
機能一覧

製品CD

起動用デバイス作成ツール※1

インストール

CD

抹消用起動CD※2

抹消用起動
USBメモリー

抹消用起動
FD

HD革命/Eraser パソコン完全抹消

■抹消できるもの

内蔵ハードディスクの抹消※3

外付けハードディスクの抹消


※4


※4

USBメモリー、SDカードなどの
フラッシュメモリーの抹消

×

×

■主な機能

ハードディスク丸ごと抹消

ドライブ(パーティション)を選んで抹消

×

×

リカバリー領域を残して抹消

MBRの抹消

抹消終了後の自動シャットダウン※5

×

×

抹消ログの出力(PDF)


※6


※7


※7

抹消ログの出力(TXT)


※6


※7


※7

2TB以上のハードディスクに対応

×

×

GPTディスクに対応

4Kネイティブハードディスクに対応

×

×

AFTハードディスクに対応

複数台デバイス同時抹消(マルチ)※8

×

×

パスワード設定機能

×

×

×

×

抹消終了後のデバイスフォーマット※9

×

×

プログラム自動更新

×

×

×

×

HD革命/Eraser ファイル抹消※10

■主な機能

ファイル・フォルダーの複数選択抹消

空き領域の抹消

Windowsやインターネットの履歴抹消

ユーザーアカウントの抹消

スケジュールを設定して抹消

ワンクリック抹消(右クリック)

ドラッグ&ドロップ抹消(Arkシュレッダー)

抹消ログの出力(TXT)※11

抹消終了後の自動シャットダウン※11

プログラム自動更新

※1 各起動用デバイス(CD/USBメモリー/フロッピーディスク)を別途ご用意いただく必要があります。
※2 作成にはCDが書き込めるパソコンかつインターネットに接続できるパソコンが必要です。
※3 リカバリー領域や隠し領域の抹消も可能ですが、HPA領域を抹消することはできません。
※4 BIOS上で正しく認識されるデバイスのみ対応。
※5 インストールして「Windowsが起動しているハードディスクの丸ごと抹消」には対応していません。
※6 インストールして「Windowsが起動しているハードディスクの丸ごと抹消」で抹消した場合は、抹消したハードディスクを別のパソコンに接続して「ログの取得」を行う必要があります。
※7 抹消したハードディスクを、別のパソコンに接続して「ログの取得」を行う必要があります。
※8 デバイス単位で10台、パーティション単位では50個までとなります。
※9 WindowsXPの場合、デバイスフォーマット機能は対応していません
※10 NTFS/FAT32対応、以外のファイルシステムには対応していません。(圧縮、暗号化、代替データストリーム、リパースポイント、スパースファイルや4Kネイティブディスクには対応していません。)
※11 Ver.5.0.3のアップデータで追加された機能です。インストール後、アップデートする必要があります。