HD革命/WinProtector特設サイトへ https://www.winprotector.jp/
Back
アークの革命シリーズトップページ > 製品情報 > HD革命/WinProtector Ver.6 > HD革命/WinProtector Ver.6 保護のしくみ・ご利用シーン・新機能

  

Windows環境復元ソフト「HD革命/Winprotector Ver.6」「再起動するだけで元の環境に復元!機密データを残さない!」

環境復元ソフトの革命児!「HD革命/WinProtector」

画像 「HD革命/WinProtector」とは?

保護中に誤操作や障害が発生しても、再起動・シャットダウンで瞬間復元!

任意のハードディスクドライブへの書き込みをすべて一時ファイルに退避(書き込み)させて、再起動・シャットダウン・保護解除のいずれかのタイミングで一時ファイルを破棄し、保護中の操作をすべて無効にし、使用前の環境に瞬間復元するソフトウェアです。

※「HD革命/WinProtector」における「保護」とは他社ソフトにおける「復元モード状態」と同義です。

 HD革命/WinProtector 使用時のデータの流れ

データフロー図
再起動で完全消失

内蔵メモリー上にも一時ファイル設定が可能
ハードディスクのほか、内蔵メモリー上にも、保護中の一時ファイルの作成が可能です。32ビットWindowsでは認識できないOS管理外メモリーも使用できます。
ハードディスクより、読み込み/書き込みの速いメモリーを使用することで、保護中の読み込み/書き込みの高速化も期待できます。
また、メモリーは揮発性のため、再起動やシャットダウンをすれば、その中身はきれいになくなってしまいますので、残留磁気による情報漏洩を防ぐことができます。

画像 「HD革命/WinProtector」のご利用シーン

 不特定多数の方が利用するパソコン

シーン複数人

複数の方が使用するパソコンでは、それぞれが使いやすいように設定を変更したり、不慣れなユーザーによって誤操作をされてしまうことがあります。

「HD革命/WinProtector」で保護しておけば、ユーザーが変えた設定による不具合が起きたり、誤操作によってデータが変更や削除されてしまっても、再起動するだけで元の状態に戻すことができます(瞬間復元)。

再起動するだけの簡単操作ですので、パソコンの高度なスキルや、元の状態に戻すための時間を必要とせず、常に快適な環境を維持します。

ご家族で使うパソコンをはじめ、24時間営業のインターネットカフェやホテル、オフィスや学校で共用するパソコン、貸し出し・持ち出し用パソコンなど、多くのビジネスユーザー様に導入いただき、高い評価をいただいております。

ご利用シーン ご自宅・オフィス・図書館などの公共施設・パソコン教室・インターネットカフェ・ホテル・会社の共用持ち出しパソコン・学校

 常にクリーンな状態を保ち、痕跡を一切残さない運用で情報の漏えいを防止

シーン 履歴

「HD革命/WinProtector」で保護しておけば、ホームページを閲覧した履歴やファイルを展開した履歴も、再起動すれば消えてしまいます。履歴だけではなくネットサーフィンやダウンロードによっておきた不具合も全て無効にできます(瞬間復元)。

さらに一時ファイルの保存場所をメモリー上にしておくと、メモリーは揮発性のため、再起動やシャットダウンをすれば、その中身はきれいになくなってしまいますので、情報漏洩を防ぐことができます。

また、うっかりアンチウィルスソフトウェアの最新のパターンファイルの更新を忘れてしまってもドライブへの一切の書き込みから保護されているので、新種のウィルスでも撃退できます。

 各種ソフトウェアの導入やOS設定変更のテストに

シーン テスト

各種ソフトの導入や、OSの設定変更でパソコンの環境をより快適にしたい!でも万が一設定に失敗すると、かえってOSが不安定になったり、最悪の場合OSの再インストールをしなければならなかったりと、大きなリスクを抱えてしまいます。

「HD革命/WinProtector」で保護をしておけば、もしも不具合が起きてもわずらわしい復旧作業はいりません。再起動するだけで全ての変更内容を無効にできますので、設定変更をする前のパソコンの状態にすぐに戻す事ができます(瞬間復元)。


「HD革命/WinProtector Ver.6」新機能

画像 除外する項目の設定

 ①ファイル単位で選択可能に
フォルダー単位に加えて、除外対象をファイル単位で指定できるようになりました。
 ②レジストリキーが選択可能に
除外対象として、レジストリキーが選択できるようになりました。
 ③複数ドライブにまたがった除外設定
C:\User\ARK\Desktop
D:\共有フォルダー
のように、複数ドライブのフォルダー、ファイルをまとめて1項目として設定できるようになりました。
 ④標準の除外設定を登録する機能
標準の項目として「kaspersky2016」「デスクトップ」「ドキュメント」が登録されていますが、iniファイルを作成し、保存することによって、ユーザーが設定した内容を標準の項目として登録できるようになりました。

●カスペルスキー・Kasperskyは、Kaspersky Lab ZAOの商標または登録商標です。

HD革命/WinProtector Ver.6 「除外する項目の設定」画面

※BitLockerが有効化された環境では「除外する項目の設定」の機能は同時にご利用いただけません。

※「除外項目の設定」は、個々のソフトウェアや特定の環境による動作を保証するものではありません。お客様自身による十分な確認(レジストリキー、ファイル等)と検証のもとでご利用ください。

※「除外する項目の設定」と「継続保護の設定」は同時に設定できません。

画像 アップデート連携

 Windows Update連携時のWSUSサーバー、プロキシサーバーを設定可能に
「Windows Update アップデート連携詳細設定」画面に、使用するWSUSサーバー、プロキシサーバーの設定が追加されました。

[アップデート連携]のWindowsUpdateにある[詳細]をクリックして表示される画面

※WSUSサーバー設定は、Windowsグループポリシーの設定を変更します。
HD革命/WinProtectorのアップデート連携を介さない、通常のWindows Updateも設定されたWSUSサーバーを通して実行されるようになります。
また、設定したまま HD革命/WinProtector をアンインストールすると、グループポリシーの設定は残ったままになりますので、注意してください。

 アップデート連携可能なアンチウィルスソフトウェアを追加

アップデート連携可能なアンチウィルスソフトウェアに、以下のソフトウェアが追加されました。

 ●シマンテック
  「Endpoint Protection 14」
※Ver.6.0.6アップデータで対応
  「ノートンセキュリティ 2016」
 ●トレンドマイクロ
  「ウィルスバスタークラウド11」
  「ウイルスバスターコーポレートエディションXG」
※Ver.6.0.6アップデータで対応
  「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス クライアント バージョン 6」
   ※Ver.6.0.7アップデータで対応

 ●ESET
  「Smart Security 9」「NOD32 Antivirus 9」
 ●カスペルスキー
  「Endpoint Security 10」「2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」
  「セキュリティ 2017」
 ●マカフィー
  「リブセーブ バージョン 15.1」「トータルプロテクション 15.1」
 ●ソースネクスト
  「スーパーセキュリティZERO 20.0」
 ●F-Secure
  「クライアントセキュリティ 12」

※「アップデート連携」と「継続保護の設定」は同時に設定できません。

画像 その他

 製品ラインナップの変更
「Simple Edition」と「with Network Manager」は「Standard」に統合され「Network Controller」「Standard」2つのラインナップとなりました。
※クライアントで行う環境復元機能において、2つのラインナップで搭載機能に違いはありません。

HD革命/WinProtector Ver.6「Network Controller」と「Standard」のスリムパッケージ画像

※ライセンス販売とダウンロード販売になります。パッケージ版の販売はありません。また、ダウンロード版は、Standardのみの販売となります。

 インストール時のオプションを追加
インストール時のオプション選択に、

「スタートメニューにショートカットを作成する」
「アプリケーションの追加と削除に登録する」

の2つのオプションを追加しました。

 処理性能の向上
保護中のRead/Write速度が向上しました。また、保護開始にかかる時間が短縮されました。

⇒次ページ 「様々な運用要求に応える柔軟なオプション設定が可能」

  

<HD革命/WinProtector Ver.6 製品情報>

  • 「HD革命」は株式会社アーク情報システムの登録商標です。
  • 「HD革命/WinProtector」の著作権は株式会社アーク情報システムが有しています。
  • MicrosoftおよびWindowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoftCorporationの商標または登録商標です。その他記載されている全ての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 製品の仕様およびパッケージ内容は、予告なく変更することがありますので、ご了承ください。