製品情報
「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」ロゴイメージ

HD革命/CopyDrive Ver.7 Liteは、ハードディスク/SSDを丸ごと別のハードディスク/SSDにコピーできるソフトウェアです。内蔵ハードディスク/SSDを交換したいときや、予備のハードディスク/SSDを作って保管しておきたいときにぜひご活用ください。
※HPAやDtoDのような「ディスクの管理」で認識されない隠し領域(リカバリー領域)をコピーすることはできません。

「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」の主な機能・特長

はじめての方もわかりやすいウィザード形式
シンプルでわかりやすい操作画面で、はじめての方でも迷うことなくご利用いただけます。
コピー元・コピー先を選ぶ

拡大・縮小コピーの選択

コピースタート!

拡大・縮小コピー
大きいハードディスク/SSDへの拡大コピーや、小さいハードディスク/SSDへの縮小コピーにも対応しています。
システムドライブがGPTディスクの
ハードディスクのコピー
MBRに変わる大容量ハードディスクのパーティション管理方法であるGPTディスクにも対応しています。システムドライブがGPTディスクのハードディスクコピーにも対応しています。
※ダイナミックディスクには対応していません。

MBRディスク<=>GPTディスクへ
変換しながらコピー
MBRディスクからGPTディスクへ、またはGPTディスクからMBRディスクへ変換しながらコピーができます。2TBを超えるハードディスクへの交換に大変便利です。
※システムドライブを含むMBRディスクからGPTディスクへ変換してコピーしても、コピー先ハードディスク/SSDから起動はできません。

ドライブ(パーティション)単位のコピー
システムドライブのみ、データドライブのみ、といったドライブ(パーティション)を選んでコピーすることができます。
※コピー先のハードディスク/SSDデータはすべて削除されます。
※コピー元とコピー先のハードディスク/SSDのヘッド数が異なる場合、コピー先のハードディスク/SSDが小さいとコピーできません。
※リカバリ領域のようなドライブレターのないドライブは選択できません。

対応環境
IDE、SATAⅠ・Ⅱ・Ⅲ、SSD、SCSIⅠ・Ⅱ・Ⅲ、NVMe、SAS、RAID(0,1,2,3,4,5,6,01,10)SATA RAID含む、USB、IEEE1394、eSATA、PCMCIA環境、FAT16/FAT32、NTFS、exFAT、Linux EXT2/3、Linux Swap、MBR/GPT、UEFI、AFT
※512バイトエミュレーションを行っていない4Kセクター(4Kネイティブ)AFTハードディスクに対して、コピー行うことはできません。
※ネットワーク上のハードディスク/SSDは、コピー元・先にすることはできません。

「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」の動作環境・注意事項

▼インストールして使用する場合

【オペレーティングシステム】
日本語版の以下のOS
●Microsoft Windows 10 Creators Update(バージョン1703) 32bit/64bit版
●Microsoft Windows 8.1 Update 32bit/64bit版
●Microsoft Windows 7 SP1  32bit/64bit版
※Windows 8ご利用の場合は、8.1にアップグレードしてからご利用ください。
※Windows RT/RT8.1には対応していません。
※サーバーOSには対応していません。
※アドミニストレーター権限(管理者権限)が必要です。
※2017年10月1日現在の対応OS状況となります。Windows10の大型アップデートについての最新情報は、
 弊社Webサイトでご確認ください。
※マイクロソフトがサポートを終了したオペレーティングシステムは、弊社製品のサポートも終了とさせて
 いただきます。

【コンピューター】
上記のOSが稼働するコンピューター(PC/AT 互換機のみ)
※Macintosh(Mac)には対応しておりません。

【メモリー】
●Windows 10/8.1/7(64bit): 2GB以上
●Windows 10/8.1/7(32bit): 1GB以上

【CD/DVDドライブ】
CD-ROMを読み込めるドライブ

【ハードディスク/SSD】
本製品のインストール用として50MB以上の空き容量が必要です。
※このほかに、コピーを行うためのハードディスク/SSDが必要です。

【その他】
●インターネット接続環境
※本ソフトウェアのアップデータのダウンロードのために使用します。

【ライセンス】
1ライセンスにつき1台まで

[RAID環境での動作について]
RAID環境(RAID0、1、5など)で使用できます。基本的に RAIDコントローラ(チップセット)やインターフェースには依存しません。
※ソフトウェアRAIDには対応していません。

「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」注意事項・制限事項

▼注意事項・制限事項

  • Symantec社の「NortonGoBack」とは共存できません。
  • ハードディスクにエラーや不良セクタが存在する場合、正常にコピーができない場合があります。
  • リムーバブルドライブとして認識されているハードディスクにはコピーを行うことはできません。
  • ダイナミックディスクには対応していません。
  • BitLockerなどで暗号化されたハードディスク/SSDには対応していません。
  • ネットワーク上のハードディスクへコピーすることはできません。
  • HPA(HiddenProtectedArea)やDtoDのような「ディスクの管理」画面で認識されない隠し領域はコピーできません。
  • Linuxの環境をコピーした場合、コピー先ハードディスクから起動するためにLinuxの再設定が必要になる場合があります。
  • Windows以外のOSをコピーした場合は、コピー先ハードディスクからOSを起動できない場合があります。
  • コピー時にパーティションサイズの変更が行えるファイルシステムは、NTFS、FAT32、exFATとなります。FAT16、その他のOSのファイルシステム、隠しパーティションなどは、サイズを変更せずにコピーします。
  • ファイルシステムがFAT32、exFATのパーティションを拡大コピーする場合は、クラスターサイズにより拡大できるサイズに制限があります。
  • システムドライブ(起動ドライブ)を含むハードディスクをコピー先とすることはできません。
  • ドライブの容量、ハードウェアの速度によってはコピーに大変時間がかかることがあります。
  • Windows 8以降の「記憶域」で作成したディスクに対して、コピーを行うことはできません。
  • 512バイトエミュレーションをされていないAFT(4Kネイティブ)のハードディスクをコピー元またはコピー先として使用することはできません。
  • 弊社製品「HD革命/WinProtector」で保護中には、EWF方式でのコピーを行う事はできません。
  • 「HD革命/CopyDrive」でコピーを行っている間は、弊社製品「HD革命」「BOOT革命」「CD革命」シリーズの起動、実行を行わないでください。

  • 「HD革命」は株式会社アーク情報システムの登録商標です。
  • 「HD革命/CopyDrive Ver.7 Lite」の著作権は株式会社アーク情報システムが有してます。
  • MicrosoftおよびWindowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoftCorporationの商標または登録商標です。その他記載されている全ての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 製品の仕様およびパッケージ内容は、予告なく変更することがありますので、ご了承ください。