Back
アークロゴ

.
  

HD革命/WinProtector Ver.6、Network Controller 導入事例

※本文にある画像はイメージです。(実際のお客様を撮影したものではありません)

<  ホテルや学校の貸し出しパソコンに >

ノートPCイメージ

▲問題点
 昨今、大学が学生に課題提出を与える際に貸し出し用のパソコンを用意するケースがあります。自宅に持ち帰り論文を編集したり、研究結果を記録することに利用されます。またホテルなど宿泊施設でも同様に宿泊客にサービスでパソコンレンタルを行っています。これらの返却されたパソコンは、都度リストア(復元)をしなくてはなりませんが、これは非常に時間と労力が掛かってしまいます。

■解決方法
 そこで「HD革命/WinProtector」を導入すれば、返却後のメンテナンスは一切不要になります。また貸し出し中も、再起動毎にリフレッシュしてしまうと、せっかく作成したファイルが消えてしまったり設定が元に戻ってしまっては利用者が困ってしまいます。しかし「HD革命/WinProtector」では貸し出し期間中はリフレッシュされず、返却後のメンテナンス時のみリフレッシュする、といった設定も可能ですので、利用者に不便はありません。

< ホテルや図書館などのインターネット用共有パソコンに >

図書館の視聴覚室のイメージ

▲問題点
 ホテルのロビーにある誰もが利用できるインターネット用パソコン。同様に図書館などでもこの様な風景は多く見受けられるようになりました。日々様々な利用をされる中、パソコンが突如起動しなくなる、インターネットに繋がらなくなるなどのシステムトラブルに見舞われるケースがあります。しかし、都度メーカーサポートを呼び出して修理していては時間も掛かり、お客様をお待たせしてしまう要因になります。

■解決方法
 そこで、「HD革命/WinProtector」を導入すれば、お客様のご利用履歴はもちろん、万一のシステムトラブルなども再起動一回で元の健全な状態に戻ります。共同利用のパソコンではウイルス感染もインターネット経由とは限りません。またソフトが起動しなくなるなどのトラブルも、お客様の利用方法が千差万別のため全て対策を講じることはほぼできないと言っても過言ではないでしょう。この様な原因不明のトラブルも、全て再起動一回で元に戻すことが可能になります。

< 病院の患者用の個別レンタルタブレットパソコンに >

タブレットPCを操作する医者のイメージ

▲課題
 個室で患者が入院する病院などでは、患者の予約状況の確認/入力や、ご自身の体温や血圧など体調の入力などを行うためのタブレットPCが支給される場合があります。こちらは都度支給する前に、以前に利用した患者が入力した情報などを破棄しなければなりません。しかし、病院によっては患者の入替が多く、都度データを破棄していては非常に時間が掛かってしまい、余計な台数のタブレットを所持しなければならなくなってしまいます。

■解決方法
 そこで「HD革命/WinProtector」を導入すれば、データを都度破棄する必要が無くなります。データの破棄にはバックアップファイルから復元を行う、またはデータを抹消する方法などがありますが、こちらは時間が掛かるだけでなく、タブレットPCに大量のデータを上書きしてしまうので、大きく寿命を短くしてしまいます。こういった面からも、「HD革命/WinProtector」であれば負担を掛けずにデータを破棄することが可能になります。

< お客様先に携帯するシミュレーション用パソコンに >

タブレットPCのイメージ

▲問題点
 お客様訪問時に持参するパソコン。特にその場でシミュレーションをお見せする場合などにお客様情報を入力したりするお仕事では、データの取り扱いに十分な管理が必要です。しかしこのデータを都度抹消することは意外に労力を要します。また、データ消去をその場で行える場合はまだしも、退出後となると消去を忘れてしまったり、消去したけど消去ログが残っていないなど、最悪情報漏えいの危険性も残り、管理は非常に煩雑になってしまいがちです。

■解決方法
 そこで「HD革命/WinProtector」を導入すれば、入力したデータは基より、入力した形跡すら無くなってしまいます。操作もパソコンをシャットダウン(または再起動)するだけですので、非常に簡単に行え、また全てのデータが変更前の状態に戻りますので、特定のデータのみ消し忘れてしまうなどのトラブルも起きません。

Copyright (c) 2009 - 2017 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.

ページトップへ