サポート
Back
アークの革命シリーズトップページ > サポート > 各製品共通のよくあるお問い合わせ > 暗号化(BitLocker、デバイスの暗号化 等)された環境でのご利用について

画像 暗号化(BitLocker、デバイスの暗号化 等)された環境でのご利用について

弊社製品は以下の製品を除き、暗号化(「BitLocker」、「デバイスの暗号化」 等)された環境では、ご利用いただけません。
暗号化を解除してからご利用ください。

・CD革命/Virtual
・HD革命/Eraser(制限あり。詳細はこちら。
・HD革命/WinProtector
 (Ver.5より「BitLocker」のみ対応。制限あり。 Ver.6 制限事項 Ver.5 制限事項
・あいこぴ!

「BitLocker」は、Windows Vista以降のWindowsで設定ができるパーティション単位での暗号化を行う機能です。
暗号化を設定したPCのTPM 1.2(セキュリティチップ)か、ハードウェアキーとして設定したUSBメモリーが無ければ復号できません。

「BitLocker とは何ですか。具体的な作用を教えてください。(「Microsoft Tech Net」より)」

「BitLocker」が搭載されているかどうかは、[コントロール パネル]-[システムとセキュリティ]-[BitLocker ドライブ暗号化]があるかどうかで確認できます。


「デバイスの暗号化」は、Windows8.1/10のAtomプロセッサ搭載の32ビットOSの「InstantGo※」をサポートするモデルで使用できる暗号化ツールです。主にタブレット型のPCでよく採用されています。

※画面をオフにしている(スリープ)時でもバックグラウンドで通信をして、メールやSNSの情報をPCに取り込んでくれたり、Skypeの待受ができる機能。

「デバイスの暗号化」が搭載されているかどうかは
・Windows10
[設定]-[システム]-[バージョン情報]を開き、右側に「デバイスの暗号化」の項目があるかどうかで確認できます。
・Windows8.1
[設定]-[PC設定の変更]-[PCとデバイス]-[PC情報]をを開き、右側に「デバイスの暗号化」の項目があるかどうかで確認できます。

「BitLocker」「デバイスの暗号化」以外の暗号化ツール搭載の有無や解除方法については、ご利用のPCメーカー様までご確認ください。

■関連FAQ
「BitLocker」を一時停止・無効にする方法
「デバイスの暗号化」をオフ(無効)にする方法