サポート
Back
アークの革命シリーズトップページ > サポート > HD革命/BackUp Ver.12 よくあるお問い合わせ > HD革命/BackUp Ver.12.1.7アップデータの修正内容と新機能

画像 HD革命/BackUp Ver.12.1.7アップデータの修正内容と新機能

HD革命/BackUp Ver.12.1.7アップデータを適用した時の新機能・変更点は、以下のようになります。

HD革命/BackUp Ver.12.1.7について

■HD革命/BackUp本体の修正

・Windows 8.1への対応を行いました(Windows 8に対応したパッケージのみ)。
・バックアップ処理速度の改善を行いました。マルチタスク処理によりバックアップの速度が向上しています。ただし、環境によってはあまり効果が出ない場合もあります。
・バックアップ元とは異なるサイズのドライブへ復元を行おうとしたときに、復元の処理が途中で停止してしまう場合があるのを修正しました。
・スケジュール差分バックアップのオプションに機能が追加されました。

スケジュール差分バックアップ オプション設定

フルバックアップを取り直すときの動作(Ver.12.1.7で追加された機能)

・以前のフルバックアップ+差分バックアップを削除する
Ver.12.1.6までと同じ動作となります。フルバックアップが取り直されたタイミングで、古いフルバックアップと差分バックアップァイルをすべて削除します。

・差分バックアップのみ削除するフルバックアップが取り直されたタイミングで、フルバックアップを残し差分バックア
ップファイルのみ削除します。

・全てのバックアップを残す
フルバックアップが取り直されても、フルバックアップと差分バックアップファイルを削除せずに残します。

※上記設定は、Arkランチャーで「スケジュール」→「スケジュール画面の表示」と選択し、「スケジュールの表示画面」でも設定できます。後から変更した設定は、次回のスケジュールバックアップから適用されます。


■Windows PE 起動用ディスクの作成の修正

・32Bit UEFI環境に対応したWindows PEの起動ディスクを作成するように修正しました。これにより、Intel Atomを搭載した一部タブレットPCでCDから起動することができるようになりました。

差分バックアップの動作について

・既にVer.12.1.6以前のバージョンがインストールされ差分バックアップが設定されている環境で、Ver.12.1.7アップデータを適用すると、アップデート後の初回バックアップは「フルバックアップ」が行われます(OSがインストールされているシステムドライブのみ)。次回のバックアップより、設定に従い差分バックアップとなります。

・Ver.12.1.7ではWindows 8からWindows 8.1へのアップグレードのように、OSのビルドナンバーが変更になった場合、変更後の初回バックアップは「フルバックアップ」が行われます(OSがインストールされているシステムドライブのみ)。次回のバックアップより、オプション設定に従い差分バックアップとなります。