HD革命/WinProtector特設サイトへ https://www.winprotector.jp/
Back
アークの革命シリーズトップページ > サポート > HD革命/WinProtector でよくあるお問い合わせと注意事項 > Windows7の環境にHD革命/Winprotector Ver.6をインストールするとWindowsの起動が遅くなる(原因と回避策)

Windows 7にHD革命/Winprotector Ver.6をインストールするとOSの起動が遅くなる(原因と回避策)

Windows7の環境に、HD革命/Winprotector Ver.6をインストールすると、Windowsの起動が遅くなる現象が確認されています。

このページでは、その原因と回避策についてご案内いたします。



<原因>

Ver.6をインストールすると、レジストリキー除外を行うためのドライバーが導入され、これによって全レジストリキーの監視を行うようになるのですが、これが原因で起動を遅くしています。
Windows 10/8.1/8でも同じく監視をしていますが、Windows 7では、その処理に違いがあるため顕著に遅くなります。
インストール時に導入されてしまうため、下記の運用での回避方法にて対応をお願いいたします。



<回避方法>
※ご注意
この設定を行うと「除外する項目の設定」のうちレジストリキーでの除外、標準の除外設定を登録、はご利用いただけなくなります。予めご了承ください。

1.レジストリエディタを起動し、レジストリの
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WPMinifilter に、
  DisableRegFilter という値(REG_DWORD) を追加します。
  ※レジストリエディタの起動方法はこちら

"DisableRegFilter という値(REG_DWORD) を追加

2.作成した DisableRegFilter をダブルクリックして開き、値を "1" にします。

DisableRegFilterを開いて値を「1」に変更

3.コンピューターを再起動します。
  →再起動後は、HD革命/WinProtector Ver.6 のレジストリ除外の機能が停止します。