サポート
Back
アークの革命シリーズトップページ > サポート > アーク革命シリーズ 実験室 > 「仮想CDの編集」で作成したFCDファイルをISOイメージに変換する
FCDファイルアイコン→ISOファイルアイコン

「仮想CDの編集」で作成した
FCDファイルを
ISOイメージに変換する

はてな顔のイラスト

「仮想CDの編集」で作成したFCDファイルが、
FCD ConverterでISOに変換できません。
No RAW→RAWも×。どうにか変換できないの?

指定されたファイルは変換できません エラー

そうなんです。FCD Converterで変換しようとしてもエラーとなって受け付けてくれません。

でも.....

ありますよ!ISOに変換する方法!

ヒントは「CD革命/Virtualの仮想ドライブも、仮想化元となるCDドライブにできる」ということです。

さあ、それではご紹介しましょう!

※サイズ合計が700MBを超えるファイルやフォルダーを仮想化したFCDファイルはコンバートできません。

FCDファイルを再構築します

メイン画面で仮想CDをマウント

【1】メイン画面を開いて[仮想CDの編集]で作成したFCDファイルをCD革命/Virtualの仮想ドライブにマウントします。

「仮想CD構築オプション」画面

<Point!>
実装のドライブに何もメディアが入っていない場合は、何かメディアを入れておくか、「構築オプション」で[「CD革命/Virtual」のドライブも表示する(V)]にチェックを入れておいてください。そうしないと先に進めません。
またあわせて[RAWモードで構築する(W)]もチェックが入っていることを確認してください。(ここはデフォルトでオンです)

メイン画面「CD/DVDをまるごと取り込み」クリック

【2】[CD/DVDをまるごと取り込み]をクリックします。([仮想CDの構築]ボタンでもOK!)
メディアが入っている場合は、仮想CDの構築画面が起動するので、ここで[「CD革命/Virtual」のドライブも表示する(V)]オプションを選ぶこともできます。

「仮想CDの構築」設定画面

【3】[構築ドライブ(S)]は仮想ドライブとします。保存先は自由に選んでください。
元になるFCDファイルと同じ場所に保存する場合は別の名前に変えます。準備できたら構築スタート!

「仮想CDの構築」完了

【4】構築終了!

「FCDConverter」でFCD → ISO に変換

「便利ツール」-「FCD Converter」を起動

【5】[FCD Converter]を起動します。

「FCD Converter」設定画面

【6】[FCDファイルをISOファイルに変換]を選んで、再構築したFCDファイルと保存先を選んだら変換スタート!

「FCD Converter」変換終了

【7】変換終了!

エクスプローラー画面

ちゃんとISOファイルができてましたよ♪