サポート

画像 HD革命/BackUp Next Ver.3.1 の新機能・変更点について

HD革命/BackUp Next Ver.3.1 の新機能・変更点は、以下のようになっています。

Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607)に対応

Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607)に対応しました。

全タスクのエクスポート・インポート

[ファイル]メニューに「タスクのインポート」「タスクのエクスポート」メニューを追加

これまでは以前のバックアップファイルから復元したり、OSを再インストールしたりするとタスクが消えてしまい、再設定が必要でした。
Ver.3.1では、全タスクのエクスポート・インポート機能が追加され、あらかじめエクスポートしておき、インポートすることでタスク情報の復元が可能となりました。

※すべてのタスクのエクスポート・インポートになります。個別にタスクを選ぶことはできません。
※インポート時、既存のタスクはすべて削除されます。(エクスポート時に戻る)
※インポート後、差分・増分(タイムスライス含む)バックアップに設定されたタスクは、次のバックアップの際にフルバックアップの取り直しを行います。
※インポート時、タイムスライスバックアップのON/OFFの設定も復元されます。
※インポート時、各タスクに付随するログも復元されます。タスクの削除を行う際にログを一緒に削除しなかった場合、ログのみが登録されている状態となりますが、この状態をエクスポートするとインポート時もログのみが戻ることになります。

バックアップファイルからタスクを再構成

[ファイル]メニューに「バックアップファイルからタスクを再構成」メニューを追加

全タスクのエクスポート・インポートのほか、任意のバックアップファイル(*.HDB、*.HDX)からタスクを再構成することが可能となりました。

※バックアップファイルからタスクを再構成をする場合、既存のタスクを残したまま追加されます(新規にタスクを登録するのと同じ扱い)。
※フルバックアップしたHDBファイルからのみ、タスクを再構成できます。(差分、増分バックアップの場合、初回のフルバックアップからのみ可)
※インポート後、差分・増分(タイムスライス含む)バックアップに設定されたタスクは、次のバックアップの際にフルバックアップの取り直しを行います。
※タイムスライスバックアップファイルをから再構成した場合、ON/OFFの設定は自動的にONになります。

「簡単バックアップ」に「セクターイメージを作成する」オプションを追加

簡単バックアップに「セクターイメージを作成する」オプションを追加

「簡単バックアップ」でも「セクターイメージを作成する」のオプションを選べるようになりました。

タスクの右クリックメニューに「バックアップ終了後シャットダウン(1回のみ)」を追加

タスクの右クリックメニューに「バックアップ終了後シャットダウン(1回のみ)」メニューを追加

実行中のタスクの右クリックメニューに「バックアップ終了後シャットダウン(1回のみ)」が追加されました。(タスクを実行中していない時はグレーアウトし、設定できません。)

バックアップタスク名の編集(変更)

各タスクの詳細設定での「スケジュール」と「オプション」の編集に加え、Ver.3.1からは、タスク名を編集(変更)することも可能となりました。

各タスクの詳細設定で「タスク名の変更」が可能に

バックアップファイルの結合 (Professionalのみ)

結合ツール

増分バックアップファイルまたは差分バックアップファイルをフルバックアップファイルに結合し、1つのフルバックアップファイルとして作成ができるようになりました。([ツール]メニュー→[バックアップファイルの結合])

画面表記の変更

「ログ」の「操作」列の初回のバックアップログの表記を「差分の初回フルバックアップ」「増分の初回フルバックアップ」のように変更

●「ログとタスク」画面「全体ログの表示」

「ログ」の「操作」列の表記において「差分・増分バックアップの際、初回のバックアップがどれかわかりにくい」というお客様の声にお応えし、初回のバックアップログの表記を「差分の初回フルバックアップ」「増分の初回フルバックアップ」のように変更することで区別しやすくしました。

セクターイメージバックアップのディスク選択をチェックボックスからラジオボタンに変更

●「バックアップ対象の選択」画面

セクターイメージバックアップは、バックアップ対象のディスクを1つに制限していますが、バックアップ対象の選択画面において、複数選択が可能なチェックボックスになっていました。これを1択に絞られるラジオボタンに変更しました。

●「復元対象の選択」画面

復元対象の選択画面で、バックアップファイルを直接選択した場合に、これまではバックアップファイルのパスを表示していましたが、バックアップファイルに含まれるタスク名を表示するように変更しました。

バックアップファイルを直接選択した場合バックアップファイルのパスを表示してたが、バックアップファイルタスク名を表示するように変更