サポート
Back
アークの革命シリーズトップページ > サポート > HD革命/Partition EX よくあるご質問 > 重要:パーティション操作ができない環境について

パーティション操作ができない環境について

Windows 7/8.1 → Windows 10、Windows 8 → Windows 8.1 など、OSのアップグレードを行っている環境では、アップグレード後にCドライブの直後に回復パーティションが作成されるため、回復パーティションの後方のドライブとの間において、いくつかのパーティション操作ができません。
予め「ディスクの管理」画面にてご確認いただきますようお願いいたします。

※メーカー機では、独自のリカバリ領域のような隠し領域がある可能性もあるので、出荷時に Windows 10/8.1 のPCでもご確認いただくことをお勧めします。


<パーティション操作が制限されるドライブ構成の例>

CドライブとDドライブの間に、回復パーティションがあるため操作できない

上記の構成の例では、以下の操作は行えません。

●CドライブとDドライブの境界線の変更(サイズ変更)
●Cドライブ、およびDドライブの拡張
●CドライブとDドライブの結合


※Cドライブに限らず、隠し領域を挟んだ両サイドのドライブ間では同様に操作できません。
 (例:Eドライブ - 隠し領域 - Fドライブ、等)

<ディスクの管理画面の表示方法>

●Windows 10/8.1
1. デスクトップ画面で、[スタート]を右クリックします。
 (タップ操作の場合は、[スタート]を長押しします。)
2.表示されるコンテキストメニューから[ディスクの管理(K)]をクリックします。

●Windows 8
1.[スタート]画面の「デスクトップ」をクリック(タップ)します。
2.デスクトップ画面の左下隅をポイントし、スタート画面がポップアップしたら右クリックします。
 (タップ操作の場合は、ポップアップしたスタート画面を長押しします。)
3.表示されるコンテキストメニューから[ディスクの管理(K)]をクリックします。

●Windows 7/Vista
1.[スタート]-[コンピューター]を右クリックします。
2.表示されるコンテキストメニューから[管理(G)]をクリックします。
3.[コンピュータの管理]の左側のコンソールツリーで[記憶域]の下の[ディスクの管理]をクリックします。