アークの革命シリーズ × Windows 10 Special !!
Back
アークの革命シリーズトップページ > 「Windows10」×「革命シリーズ」 特集 > アップグレードの前にはバックアップや動作確認を!
2015年7月29日にリリースされる新OS「Windows10」 アップグレードに向けての準備を

もしもアップグレードで問題が起きたら?

何事もなくアップグレードできればよいのですが、心配される面があるのも否めません。

●アップグレード後、ソフトウェアやプリンタなどは引き続き使用できるだろうか?
●データが消えたりしないだろうか?
●Windows10へのアップグレードをしている最中に問題が起きたらどうしよう?
●やっぱり元のWindows7/8.1に戻したくなったら?


そんな心配をクリアにしておくためにもWindows 10にアップグレードする前のバックアップや動作確認が大切です。Windows10を安心してはじめられるよう、アークの革命シリーズが強力にサポートします。

アップグレードする前のバックアップは重要

「HD革命/BackUp Next Ver.2」でバックアップを!
「HD革命/BackUp Next Ver.2」はデータはもちろん、OSやアプリケーション、インターネットの設定なども含めてパソコンや、外付けハードディスクを丸ごとバックアップ・復元できるソフトウェアです。

パソコントラブルがおこっても、面倒な再設定などもすることなく、すぐにバックアップ時の状態に戻すことができます。

万一、アップグレードに失敗したり、Windows10 が動かなくなったような場合でも、ディスクを丸ごとバックアップしておけば、Windows7/8.1を入れ直したり、ソフトのインストールやメール設定をやり直すことなく、今まで使っていたWindows7/8.1 の環境に簡単に戻せます。

CD/USBメモリー

①WindowsPE起動用CD/USBメモリーを作成する ※作成にはインターネット接続環境が必要

ノートPCをUSBハードディスクにバックアップ

②ディスク全体を外付けUSBハードディスクなどにバックアップしておく

Windows7→Windows10にアップグレード

③Windows10にアップグレード

WindowsPE起動用CD/USBメモリーでPCを起動して復元

④問題が起きてしまったら、作成したWindowsPE起動用ディスクでPCを起動して復元

参考:
Windows 7 でバックアップ⇒Windows 10 にアップグレード⇒Windows 7 に戻(復元)してみました。(実験室より)

HD革命/BackUp Next Ver.2のご紹介
※ダブルクリックで全画面表示になります。

HD革命/BackUp Next Ver.2 Professional/Standard パッケージイメージ

Windows10アップグレード前には
バックアップを!
「HD革命/BackUp Next Ver.2」

 

アップグレード前に十分なテストをしておくのもお勧め

「BOOT革命/USB Ver.6」でUSBデバイスにWindows10をインストール!
リリース後は1年間の無償アップグレード提供期間がありますので、本体は今のWindows7/8.1の環境のまましばらく使用を続け、USBデバイスでWindows10を十分にテストしておくこともお勧めです。

「エクスターナルインストール」では、パソコンのWindows OSとは別のWindows OSをインストールできるので、アップグレード前のテスト用PCのようにUSBデバイスを使用することができます。

参考:
Windows 10TP(10162)をBOOT革命/USB 6.0.1を使って外付けUSBハードディスクにインストール(実験室より)

Windows 10TP(10074)をBOOT革命/USB 6.0.0を使って外付けUSBハードディスクにインストール(実験室より)

USBハードディスクにWindows10をインストール

①USBデバイスにWindows10をインストール

USBデバイスのWindows10に自由にソフトウェアのインストールや設定変更

②USBデバイスから起動して、いままで使っていたソフトウェアのインストールや設定を変更

USBデバイスでWindows10、本PCでWindows8.1を使い分け

③本体はWindows7/8.1、USBデバイスはWindows10で使い分けて、動作を検証する

Windows10にアップグレード「Get Windows 10」

④リリース後、1年以内にPCをWindows10にアップグレード
アップグレード前のバックアップも忘れずに!

Windows10にアップグレードして
Windows7/8.1も引き続き使用する

「BOOT革命/USB Ver.6」でいまのWindows7/8.1の環境をUSBデバイスにコピー!
Windows10にアップグレードすることで削除されたり、変更されてしまう機能もあります。また、Windows10ではすぐに使用できないソフトウェアもあるかもしれません。

Windows10をメインとして、いちはやく使いこなしたいけれど、Windows7/8.1も残しておきたいといった方には、USBデバイスに今のWindows7/8.1の環境をコピーしておいて切り替えて使用する、という運用方法もあります。

参考:
SDカードでWindows 8.1を起動する(実験室より)

Windows7の環境をUSBデバイスにコピー

①いまのPCの環境をUSBデバイスにコピー

Windows10にアップグレード Get Windows10

②PCをWindows10にアップグレード
アップグレード前のバックアップも忘れずに!

Windows10を本体、Windows7をUSBデバイスで使い分け

③Windows10も、いままでのWindows7/8.1も切り替えて使える

USBデバイスから本体のPCにコピー!  Professional 限定 

Professional限定 USBデバイスから本体のPCのハードディスク/SSDにコピー(書き戻し)

さらにProfessionalでは、万一、本体のWindows10が起動できなくなった場合には、USBストレージのWindows7/8.1から起動して本体のPCから必要なデータを回避した上で、USBストレージの内容を本体側にコピーして元のWindows7/8.1に戻すことができます。
※コピー先の内蔵ハードディスク/SSDの内容はすべて消去されます。
※USBメモリーなどのリムーバブルメディアから起動した場合は、コピーできない場合があります。

「BOOT革命/USB Ver.6」エクスターナルインストール
※ダブルクリックで全画面表示になります。

「BOOT革命/USB Ver.6」ハードディスクのコピー
※ダブルクリックで全画面表示になります。

USBストレージからWindowsを起動する

USBストレージをPCに接続

①BOOT革命/USBでコピーやエクスターナルインストールを行ったUSBストレージをPCに接続します。

BIOSの設定変更や起動メニューを表示してUSBストレージから起動

②PCの電源を入れ、必要に応じてBIOSの設定変更や起動メニューを表示してUSBストレージから起動します。 ※起動するデバイスを指定する方法は、PCによって異なります。詳しくはPCのヘルプやPCメーカーサポート情報にてご確認ください。 「デバイスを指定して起動する方法について」(弊社サポートFAQより)

USBストレージから起動後は、内蔵のハードディスク/SSDに影響することなく自由に使用

USBストレージから起動後は、内蔵のハードディスク/SSDに影響することなく、自由に設定の変更やソフトウェアのインストール等を行うことができます。

「BOOT革命/USB Ver.6」USBデバイスから起動する
※ダブルクリックで全画面表示になります。

BOOT革命/USB Ver.6 Professional/Standard パッケージイメージ

USBデバイスからWindowsを起動!
「BOOT革命/USB Ver.6」